これだけ違う!リハビリテーションに関する専門職について知ろう!

これだけ違う!リハビリテーションに関する

専門職について知ろう!

理学療法士について

 理学療法士は、運動機能そのものの回復を主に目指しています。そのために行われるのはストレッチや筋力トレーニングです。その他にも電気治療や温熱治療、またはマッサージなどを組み合わせて、機能が失われた部分に対してアプローチをしていきます。

 起き上がる、寝転がる、歩くなどといった日常的に行われる基礎的な運動ができるような状態に近づけるということを目指していくのです。特に器具を活用して、その人が持っていた運動機能に近づけるようなトレーニング方法を展開していきます。

 理学療法士が働く職場というのは、主に急性期病院・クリニックや回復期リハビリテーション病院、高齢者施設が挙げられます。それぞれに仕事の内容が少し異なることが特徴です。急性期病院では、障害の元となる原因が無くなっていないため、そのリスクの管理をする必要があります。

 回復期リハビリテーション病院では、日常的な動きの回復を目指すために色々なスタッフや家族と提携して仕事をします。高齢者施設ではスタッフが少ない可能性があるので、介護士とコミュニケーションを取るというのも重要な仕事内容の一部に含まれるようです。

 理学療法士はこのような特徴を持っています。リハビリテーションの分野ではなくてはならない存在です。